入籍にかかる費用

結婚するためにはどのような費用がかかるのか?

最近の若者は、自分の趣味や生活に満足しているところが多くあり結婚に対する意識も低くなって来ているのかもしれません。

 

女性も働く気があれば、十分に自分一人での収入で生活を送っていく事が可能になって来ていると思います。
また、男性と付き合うのがいいけれど結婚となると尻込みする人も多いのです。
その原因は自分一人の生活環境になれてしまい、他人が自分の生活範囲に立ち入る事を拒否してしまう人も多くなって来ているのです。

 

それでも今も昔も結婚に対する憧れは、男女ともにあると思います。
特に最近では女性よりも男性の方に結婚願望が強いように思います。

 

 

入籍までの道のり

 

男性的な立場からすれば、すでに相手の同意を得られてこれから結婚準備というところまで来たら一安心というところではないでしょうか。
それでもここで来るまでには、女性に対しての出費もかなり無理している人も多いものだと思います。

 

映画や遊園地、食事や飲みに行く事も含めて女性に対してかなりの額の出費をしているのではないでしょうか。
また誕生日やクリスマスなどではそれ相応のアクセサリーなどの高額の出費もあるものと思います。

 

若い人ならばここまでで貯金を使い果たしてしまっているという人もいるでしょう。

 

しかし、まだまだこれからが大変なのです。
自分でも思っていなかった費用が次々に待っているのです。

 

@相手のご両親への挨拶と両家顔合わせ
付き合っているころから相手の家に行っていた人も、結婚という話の時には改めて相手の家まで出向き正式な挨拶が必要になってきます。
男性側からするとこの挨拶が一番重要なものであり、また一番緊張するものではないでしょうか。
費用的には相手の家族の人数に合わせて、お土産が必要になるくらいだと思います。

 

この挨拶が無事にクリアー出来れば次に両家の顔合わせになります。
これは外での会食という形になると思います。

 

費用は相手側との折半ということも考えられますが、基本的には男性側が支払う覚悟でいた方がいいと思います。

 

場所は料亭やレストランなどで個室のあるところを予約しておきましょう。
費用は一人10,000円から20,000程度で、両家の人数にもよりますが150,000程度は必要だと思います。

 

A婚約指輪
男性側からすればそれほど重要な意味がなくても、女性側は大きな期待を持っているものではないでしょうか。
費用はそれころ男性に収入に合わせていろいろだと思いますが、一般的には300,000円〜500,000円程度が必要になってくるものと思います。
なにせ一生に一度の事なので、kなりの割合で婚約指輪を購入しているものと思います。

 

B結納
最近では結納を省略して行なわないという人も多いみたいです。
結納金の相場は地方によってかなり違うみたいです。
1、000、000円程度が相場になっていますが、地域によっては1,500、000円が相場になっているところもあるので自分の地域に相場は友人やインターネットなどで把握しておく事が重要だと思います。

 

C結婚指輪
婚約指輪とは違い結婚指輪はほとんどの人が購入するのではないでしょうか。
女性に取っても男性にとっても、結婚しているという事の証になるものです。
男性によってはせっかく購入しても、あえて結婚指輪をつけない人もいるみたいですが(汗)。

 

D入籍

 

さて、ここまでの道のりでかなりの出費して自分でも予想外のことで大変な事になっている人も多いのではないでしょうか。
ここではちょっと休憩できます。
なにせ入籍は婚姻届けを提出するだけで、無料で出来ます。
ただし、本籍が違う場所の人は戸籍謄本を取り寄せなければなりません。
これは1通450円です。
本籍地が遠い場合においては、郵送による請求も出来ます。
この場合本人確認書類のコピーも必要なのです。

 

役所の窓口に行って婚姻届けを届け出る場合には、運転免許証やパスポートなどの写真入りのものが必要になってきます。
結婚する以外にも、証人欄に署名や捺印が必要になってきます。

 

 

結婚式からその後に至る費用

 

@挙式披露宴
挙式や披露宴はいろいろな費用が積み重なってきます。
会場料金や料金や引き出物等を合わせていくと3、500、00円程度はかかると見ておけばいいでしょう。
収入ではご祝儀という形で、2、500,000円程度ですがこれはそのときになってみないとわかりません。
そのためあらかじめには3,500,000円程は事前に二人で用意しておかなければなりません。
つまり一人当たり、1,750,000円程になります。

 

挙式披露宴は、場所によっては招待制ではなく会費制によってもっと赤字を少なくする地域もあります。
また今では、披露宴は行わず結婚式だけとか結婚式や披露宴は行なわないとする人もいるみたいです。

 

これは人それぞれの考えや環境もあるのですが、やはり一生に一度の事と思って特に男性側は行ないたいと思う人は少ないですが、女性側は着飾りたいものだと思いますのでできれば挙式披露宴はやっておいた方がいいのではないでしょうか。

 

 

A新婚旅行
挙式披露宴が終われば、新婚旅行という事になります。
今では海外に行く人の割合もかなりのものと思います。
ここは出費を自分たちで押さえる事が可能なところです。
今では旅行も団体などで行けばかなり割安で行けると思いますし、結婚後に子供が出来たならばしばらくは二人でゆっくりできる旅行も出来ないものです。

 

ここは無理してでも行きたいところですよね。
費用に合わせて、国内でもゆっくり出来ればいいのではないでしょうか。
一人当たり、100,000円から海外いろいろまわれば500,000円程度にはなると思います。
二人での平均では600,000円程とも言われています。

 

この新婚旅行で忘れては行けないのが、お土産代です。
今では、量も多くなるので持ち帰るのを諦めて現地から郵送で家まで送る人が多いみたいです。
このお土産代でも100,000円程にはなるというデータもあるのです。
実際に親戚や友人・知人が多ければかなりの額になってしまうかもしれません。

 

B新居費用
最後に費用のかかるものとしては、新居の契約と引っ越し費用になります。
これは今住んでいるところを新居として暮らすのならば、片方の引っ越し費用ですむと思います。

 

しかしながら、新たに二人で部屋を借りる場合にはその費用は大きなものとなってしまいます。
まず、引っ越し費用ですがそれぞれ50,000円ずつくらいは見ておいた方がいいでしょう。

 

新しく借りるところは、それこそ千差万別です。
新しさや広さ、駅などに近いという利便性などで料金はかなり変わって来てしまいます。
賃貸での契約ならば、前払金5ヶ月分程や火災保険なども必要になって来てしまうのです。

 

 

入籍したいのにお金がない

 

結婚したい人と出会い、その関係がうまくいってなんとかお互いが引き合い結婚したいと思った時にお金がないとするのならばどのようにすればいいのでしょうか?
結婚するためには、上記のように様々な費用が必然的にかかって来てしまいます。
もちろん自分の持っているお金の現状に合わせて、節約出来るところはいろいろあるかもしれません。

 

例えば、披露宴や新婚旅行はしないとか結納を省略してしまうなども今の若い人にとっては選択肢の一つであると思います。
ただし、これは本人達がそうしたいと思っても両家の問題もありなかなかすんなりとはいかない現状もあるみたいです。

 

男性側としては、結婚指輪や挙式代、新婚旅行などは最低限必要なものとなってくるのではないでしょうか。

 

就職してから年々経過しているかでも貯金の額は大きく変わってくると思います。
若いうちから毎月少しずつでも貯金をしていれば、余裕を持って結婚にも望めると思います。

 

しかし、ここ何年かは不況だった事からボーナスなども押さえられて毎月の生活だけでいっぱいいっぱいという人が多かったのではないでしょうか。
20代ならば貯金なんて余裕すらなく、結婚資金なんて全くないという人も多いと思います。

 

 

結婚資金はどうするか

 

貯金などの蓄えがなくて、どうしてもこれから結婚するためにお金が必要な場合にはどうすればいいのでしょうか?
その場合には、親などから借りる事が可能ならばいいのですがそうでない時には「カードローン」から借りる事を検討するべきだと思います。

 

カードローン」にも目的が限定されているものと、使途自由なものに別れます。
目的が限定されているものは、一般的に証明書類の提出も多く日数もかかる事が多いみたいです。

 

使途自由ならば、結婚以外のことにも自由に使えるので借りるならばこちらの「カードローン」の方がいいかもしれません。
カードローン」の申し込みは一般的には、その金融機関の窓口に行かなくてもパソコンやスマートフォンがあればインターネット簡単に申し込む事が可能です。

 

その際には、金融機関のホームページ上で実際にどのくらいの金額を借りる事が出来るかシミレーションすることが可能なところもあります。

 

申し込みあたっては、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類が必要になってきますがこれも郵送以外にも写メでとってインターネット上で送付するというところもあります。

 

申し込みが終われば、金融機関側で審査を行ないます。
これは、お金を貸した後にきちんと返済が可能かどうかを判断するものです。

 

現在の金融機関からの借入額や返済履歴などをみられると言われています。
返済履歴は、期限内にきちんと返済しているのかどうかもみられますので今、返済している場合には注意が必要だと思います。

 

審査は早ければ申し込んだその日のうちにわかり、急いでいるのならばその日のうちにいわゆる「即日融資」も可能になっているところもあります。
この場合は、自分の金融口座に振込んでもらう事になります。

 

このように結婚時に困っていても、「カードローン」という形で一時的に費用を工面する事が出来るのです。

 

 

32歳 神奈川県 男性

 

実は自分は結婚とは縁がないものと思って一人で好きなように生きてきました。
しかしある出会いから、真剣に付き合うようになって結婚を考えるようになったのです。

 

相手の女性からも同意を得られてほっとしていたのですが、今まで結婚なんて考えてもいなくて自分一人の事だけを考えていたので貯金なんてほとんどしていませんでした。

 

結婚するという事は、ただ単に入籍するという事ではありません。
人によっては入籍だけで済ましてしまう人もいるみたいですが、私は人生の区切りとしてまた二人だけではなくてお互いの家族や親族にも見てもらいたいと思うようになっていました。

 

私がこういう考えになるとは思いもしまいませんでした。
しかし、相手の女性の事も考えると最低限の事は人生の区切りとしてやっていかなければならないと思ったのです。

 

今まで友人などの結婚式や披露宴に出席する事は合っても、自分には関係ないものと思ってご祝儀を出す認識しかなかったのですが、これが自分が行なう場合を考えた場合に全く知識がない事を痛感いたしました。

 

結婚を意識してからインターネットで毎日、結婚に関する事について調べまくりました。
問題は費用です。
調べてみるとかなりの額が必要である事がわかりました。

 

この年齢で親に頼るなんてことは出来ませんし、出来るだけ女性側との折半ではなくて男性側が負担して行かなければとも思いました。
その一方で、なるべく節約出来るところは二人で話し合ってやっていこうとも思いました。

 

披露宴に呼ぶ人も親しい友人の範囲という事にして、なるべく小規模にしてハネムーンも旅行代理店と相談してなるべく安価なところを選ぶ事に決めました。

 

手続き的には入籍するという事では、役所に婚姻届を提出するだけなのでほとんどお金はかかりません。
問題は入籍前後のもろもろのことに費用がかかってしまうのです。

 

節約しても両家の顔合わせや、結婚指輪、披露宴、新婚旅行で1、000,000円程度はかかってしまいそうです。

 

なるべく早く結婚したかったので、お金を貯めてからという考えはありませんでした。

 

そこで利用したのが「カードローン」です。
一時的ですが、金融機関の「カードローン」からお金を借りて結婚資金に充てました。

 

カードローン」は、使途が自由なものを選びいろいろな出費に充てたのです。
カードローン」は、計画的に借りる分には大変有効な手段だと思います。

 

私みたく、早期に準備したい人には役に立つと思いますよ。

 

 

26歳 大阪府 男性

 

よく愛があればなんとか・・・という言葉を聞きますが現実は厳しいという事がよくわかりました。
結婚すると言っても入籍だけすればいいんじゃないという私の考えは甘い事がわかりました。

 

やはり人生の一大イベントとしてやらなければ行けない事はあるのです。
それにしても結婚するという事がこんなに大変で、またこんなにお金がかかるものとは思いもしませんでした。

 

私は就職浪人もしているので働きだしてまだ3年目です。
当然給料なんて毎月の生活費でいっぱいいっぱいです。

 

好きな人はいましたが、まさか結婚がすぐ近くに迫っているなんて自分での予想していなかった事なのです。

 

彼女は2つ年上で、お互い付き合っていていずれ一緒になりたいという漠然としたものがありましたが、彼女はすぐにでも一緒になりたいという気持ちだったのです。

 

私も付き合っていて段々彼女と同じように気持ちに傾いていきました。
そして、26歳彼女が28歳になった時に結婚をしようと二人で同意しました。

 

しかし、問題はこれから山程待っていました。
相手のご両親絵の挨拶は、今まで付き合っていて一度も相手の家にも行った事がなかったので大変緊張しました。

 

ひょっとして結婚反対という事にでもなったらどうしようかと思っていたのです。
しかしご両親は、快く出向かいてくれて結婚にも賛成してくれました。

 

これで一安心ですが、これからはお金がかかる事ばかりが待っていました。
両家の顔合わせや、婚約指輪で500,000円以上はかかりそうです。

 

これだけで私の貯金はすでにパンク状態です。
さらにこれから挙式披露宴とお金がかかりそうだと思いました。

 

私はこれからいろいろな費用がかかると思い、思い切って「カードローン」からお金を借りて結婚資金にする事にしました。
もちろん結婚後も無理なく返済出来るように計画しました。

 

しばらくは彼女も働くので、結婚後は大丈夫そうです。
結婚には自分には思いもしないお金がどんどん飛んでいきました。

 

もし「カードローン」からお金を借りていなかったら、かなりの部分を省略しなければなりませんでした。
男からすれば気にしない事でも、彼女には後悔のしないように結婚というイベントを経験してもらいたいと思いました。

 

入籍だけでも結婚は出来ます。
しかし、一生に一度のイベントは、やはりやっておくべきだと思いました。

 

28歳 千葉県 男性

 

私は、20歳くらいの時から結婚に対する憧れがありました。
家族というものに恵まれていなかったせいか、漠然と結婚して幸せな家族生活をしてみたいと思っていたのです。

 

 

20代半ば過ぎに幸いにも縁があって、彼女が出来て結婚に対する思いもより一層強くなってきました。
しかし、じっくり結婚について調べてみると自分でも思っていなかった費用がいろいろとかかってしまう事がわかりました。

 

入籍費用としては婚姻届を出すだけなので、費用はかからないのですが一般的な儀式的なものをしようとすると準備金は3,000,000円くらい用意しないとならない事も知りました。

 

もちろんそこからある程度は省略や節約していけば押さえる事は可能です。
しかし、結婚を楽しみにしている彼女や彼女のご両親の事を考えると、出来るだけ最大限のことしてやろうと思ったのです。

 

婚約指輪や結婚指輪、挙式披露宴や新婚旅行ははずせません。
これらの費用をまかなうための貯金額は自分にはありませんでした。

 

そこで考えたのが「カードローン」からお金を借りて準備する方法です。
使用用途が自由な「カードローン」を選べば、どんな事にも使える事が可能であることがわかりました。

 

このような「カードローン」から今までお金を借りてこなかったので、実際にどのような手続きがあるのかは不安でした。

 

しかし、今ではインターネット上で申し込めるところがほとんどあり、本人確認書類も郵便ではなく写メでとったものをメールや金融機関のホームページ上から送付出来るようになっています。

 

そのため金融機関の窓口まで行かなくてもいいので、近所の目なども気にしなくても申し込む事が出来るのです。
一番心配だったのは審査がある事です。
これは返済をきちんとできるかどうかを判断するためのもののようですが、実際にどのような事をみられるのかは公表されていません。

 

しかしながら、意外にも審査は申し込んだその日のうちに回答があり、お金を希望金額借りられる事になりました。
借りようと思えば即日でも私の銀行口座に振込という形で借りる事も可能でしたが、急いではいなかったのでそれはしませんでした。

 

結婚の方は、挙式披露宴をあまりお金をかけない事にしましたが、新婚旅行だけは、少し贅沢にする事が出来ました。
今では、毎月給与から無理なく返済する事が出来て生活に支障は出て来ていません。

 

入籍のためにお金がないのならば「カードローン」を検討してみてください。

 

入籍費用を借りるのはどのカードローンがいいの?

 

こちらでは、信頼できる大手カードローンで金利が低く、融資実行も早いベストなカードローンを参考までに掲載しています。

 

入籍費用、結婚費用、新婚の家財道具をそろえる費用が少し足りない、という時に利用するのに最適です。

 

プロミスは現在30日間無利息サービスを実施中なので、特におすすめです。

 

無利息サービスは、プロミスはメールアドレス登録とWeb明細利用登録の方が対象となります。

 

どちらも安心して利用できる良心的なカードローンです。

 

  おすすめ 実質年率 融資額 審査時間
プロミス 4.5%〜17.8% 1万円〜500万円 最短30分
SMBCモビット 3.0%〜18.0% 1万円〜800万円 迅速

※審査時間は目安です。状況により前後します。